その一つを掴めば、その本を読んだことになります。私の読書法です。