官製はがきという、しみったれた手段を使うというところが、著者の究極の一つだと気が付いたでしょうか。