著者の結城吉成さんは、自分が体験したさまざまな事例を引きながら達弥西心をていねいに解説しています。