『ことばのよわんよ』気鉢兇箸いΔ里蓮特に気諒は教義が中心になっています。