簡単に言えば、こうやって生きているけれども、いつまでも生きていくわけではないというのを、誰から教えられたわけでもないけれど、何となく知っています。