有限ということは、いずれにせよ必ずさよならする時が来る、別れの時が来るということです。