いろんな人にいろんなことを言われても「100年経ったらあなたも居ないし、私も居ないからね」というのが、いつも私の中にありました。