そこに有るというのが、ずっと有るのなら、永遠にあるのなら誰も悩みはしない。寂しくなりません。別れることがないのですから。