ところが、ない、ない、ない、ない、あると来て、ある、ある、ある、ない、とまた「ない」に戻るのです。