私は小学生か中学生の頃に、何で人間は死んでいくのだろうと随分考えたことがあります。