自分が愛用していた物とか、何とか、どんなに保存しても最後には無くなるわけです。