限りがあって、しかも限りが来たらそれが無くなっていくという存在として生きていくのですが、その意味がわからないからです。