なんか違う、本当にこれで良かったのだろうか?と思うことがあると思います。