いずれ手放すために集めるということが、目的ではないのです。