ではその手前の集めることに目的を持ったらいいかというと、集めても必ず手放すわけです。