『美人の日本語』という、私のお気に入りの本にこんなくだりがあります。