「名月の名残りを惜しむように、人々は次の日もその次の日も月を眺めました。