その次の十七夜の月が、立待月(たちまちづき)これは立って待っているうちに出てくる月から。