満月に至るまでは異称はほとんどないのに、欠けゆく月に対する人々の思いは特別なようです。